back to top

昔この村にはオオカミと人間の古くからの決まりがあった 【お互いの住む世界を荒らさず、争わず  人間は人間の世界  オオカミはオオカミの世界  それぞれの生きる場所を守り、お互い平和に暮らす】 という話。 もちろん何人もがその掟を破り、深い森へ入っては二度と帰ってこないことはあった 境界線は北の森の中 その森の中には、ある小さな小屋がある 町の人間と関わらいよう ひっそりとたたずむその小屋には かなり年老いたおばあちゃんとちっちゃな女の子が住んでいるという噂があった ある嵐の夜 私は深い森の中を彷徨っていた そう お察しの通り 完全に迷ってしまった・・・ 雨や風が感覚を鈍らされる   森の中で赤い頭巾を深く被った少女に声をかけられた 『すみません      

女性の憧れ、美しく気品の高い花魁。 花魁とは一体どのような人達なのでしょう。 「花魁」とは、吉原遊郭の遊女で位の高い者のこと。 18世紀中頃、吉原の禿や新造などの妹分が、姉女郎を「おいらん」と呼んだことから、上位の吉原遊女を指す言葉となった